余裕が大切です。 腰痛と膝の痛みの解消はそんなに難しい問題ではない

2009年08月23日

余裕が大切です。

腰痛で苦労しないためにも、日ごろからの腰痛対策は大切です。ただ、間違った知識で腰痛対策をするとかえって悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。腰痛には多くの原因があり、内科疾患が起因するものや骨、関節、筋の障害によるもの、加齢による変性によるもの、椎間板の損傷によるもの、心因性のものなどがありますので、腰痛対策をする際には、原因が何かを知る必要があります。腰痛の原因としては、内臓に疾患がある場合や、精神的なストレスが原因もこともありますが、やはり一番多いのは腰を支える骨筋肉の故障でしょう。背骨に原因がある腰痛の中でも、中年以上に起こりやすいのは変形性脊椎症といって、脊椎の軟骨がすりへったり硬くなったりすると関節同士がうまく合わなくなって痛みを生じます。 胃・十二指腸潰瘍、腎結石、子宮筋腫そして癌の骨転移やストレスなどが原因で腰痛が起こることもありますが、内蔵が原因の腰痛で一番多いのは腎臓の機能低下によるものです。女性の生理に伴う腰痛には様々な要因がからんでいますが、特に原因が子宮にある場合、早めに治療をしないと不妊症になってしまうおそれもありますので、1つでも症状があったらきちんとケアをすることが大切です。長い時間イスに座りっぱなしも腰痛対策としてはよくありません。20〜30分に一度は立ち上がって、腰を動かす運動をするようにしてください。それから腰痛対策としては、寝るときの寝具にも気を使いましょう。やわらかいベッドや高すぎる枕は、腰が沈むので不自然に背骨が曲がってしまいます。適度な硬さのある敷布団を選んでください。ぎっくり腰対策としては、荷物を持ち上げるときの姿勢に気をつけます。必ずしゃがんで荷物を持ち上げるようにしましょう。重いと思った荷物が予想外に軽かった時もぎっくり腰になることがあるので、重さを確認してから持ち上げるようにします。また、肥満は腰痛の大敵です。体重が増加した分、腰に負担がかかるのは言うまでもありません。減量するだけで腰痛が改善することも多いのです。ストレッチを腰痛対策としてもぜひ取り入れてください。仕事の合間にゆっくり背筋を伸ばしてあげるだけでも血行が促進されますし、市販されているストレッチ器具を使ってみるのもよいでしょう。自律神経はストレスの影響を受けやすく、筋肉が緊張したり血液循環が悪くなって腰痛の原因になったりすることがあります。適度な運動や趣味などでストレスを発散する時間を作るようにしましょう。


サプライズ!旅から帰ったら腰痛: ひとくちメモ
旅から帰ったら腰痛.夏旅から帰宅してます。夏旅10周年にまったくふさわしくない事件(笑)等いろいろありました。本来ならそれを書きたいところですが、帰宅後どうやらギックリ腰にやられた模様...。これが一番のサプライズだよ!......


富山 腰痛スペシャリスト 〜 みずかみ接骨院 〜 腰痛 と 老化 は関係が ...
腰痛にお悩みではありませんか?その悩み、富山で活躍する腰痛スペシャリストが解決します....


やすやすとチェンマイ暮らし: 腰痛い
チェンマイに暮らして10年以上が経ちました。自分の周りで起こる日々の出来事や個人の想いを綴っています。...


posted by 腰痛詩 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛の悩み解消の為に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126281411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。