実は腰痛も関節痛? 腰痛と膝の痛みの解消はそんなに難しい問題ではない

2009年08月15日

実は腰痛も関節痛?

腰痛もひどいものになると、寝ていても痛いという大変つらい状態になります。正しい腰痛対策をして、腰痛で悩むことのないようにしたいものです。腰痛にも様々な原因があります。腰痛対策をする時には、自分の腰痛の原因が何かを知ることが大切です。特に腰痛症は現代人の習慣病とまで言われています。腰痛が繰り返し起こる場合は、原因を元から断たなければなりませんが、その原因が骨筋肉の故障、内臓疾患、精神的なストレスのどれかを見極めることが大切です。若いころに激しいスポーツをした人に多い腰痛は、脊椎分離症と呼ばれ、長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが増します。内臓疾患が原因で起こる腰痛の場合、痛みの箇所があまりはっきりしないことが多いようですが、ガンや子宮筋腫などの可能性もあるので症状が続くときには専門医で適切な診断治療を受けることが一番です。慢性の腰痛がある場合、姿勢の悪さとそこから来る筋や関節の機能不全が原因のことが多いのですが、レントゲン検査を受けても異常が見つからないことが多いのです。特に腰痛に何が悪いかと言ったら、長時間座ってパソコンを操作しているのはかなり腰に負担がかかります。腰が曲がったり、目を画面に近づけるようにしていると頭が前に出るのでバランスが悪くなったり、腰に負担をかけてしまうのです。そして、寝ている時の姿勢も腰痛対策としてははずせません。基本的にはリラックスできる姿勢で良いのですが、腰に負担がかかるのでうつ伏せで寝ることだけは避けてください。さらに腰痛予防としては、無造作に物を持ち上げるのは危険です。特に立ったままで腰を曲げて荷物を持ち上げるのが一番ぎっくり腰になりやすいので、必ずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。実は、ダイエットをしたら腰痛が治ったという人もいます。太り気味だと、運動不足で背骨を支える筋力が低下しますし、いつも重い荷物を背負っているのと同じなので腰への負担も大きいのです。腰痛対策としてストレッチは非常に有効です。仕事の合間の軽いストレッチで固まった筋肉をほぐしてあげることで血行を良くし、新陳代謝も高めることができます。ストレッチをする時は、反動をつけずにゆっくりと行なってください。自律神経はストレスの影響を受けやすく、筋肉が緊張したり血液循環が悪くなって腰痛の原因になったりすることがあります。適度な運動や趣味などでストレスを発散する時間を作るようにしましょう。


腰痛|かとうちゃんのブログ
かとうちゃんのかとうちゃんのブログの記事、腰痛です。...


脳の神経回路を柔軟にしていく-整体の場をデザインする - 腰痛・首痛 ...
腰痛・首痛・自律神経失調のための-神庭拓也の研究·このページをアンテナに追加·RSSフィード.癒着をほどいて、体にたまった汚れをとろう。心の緊張・体の緊張が汚れ(老廃物)のたまりやすい体質をつくる。たまった汚れが炎症を起こし、それが慢性化......


posted by 腰痛詩 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛の悩み解消の為に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。